東京ミッドタウン+リッツカールトン

東京ミッドタウンとリッツカールトン

東京ミッドタウンはオフィスや住宅、ホテルや商業施設などからなる高度複合型都市として、2007年春六本木にオープンしました。

東京ミッドタウンは緑化に力を入れ、人や環境にやさしい街づくりをめざしています。またアート作品も数多く取り入れ、街や人々に豊かさと潤いを与えています。

憩いの街という印象がある一方で、一流シェフのレストランやブランドショップなど、セレブな街といった印象もあります。
その印象を強めているのが、世界最高級ホテル「リッツ・カールトン」の一つ「ザ・リッツ・カールトン東京」の存在ではないでしょうか。リッツ・カールトンは唯一大阪にありましたが、国内2つめのホテルとして東京ミッドタウンに誕生しています。

ザ・リッツ・カールトン東京は、東京ミッドタウンのシンボルでもある、ミッドタウンタワーの最上層に位置しています。ゲストルームからはもちろん、レストランやスパルームからも東京の街を一望でき、世界最高のおもてなしと、最高の眺望を楽しむことができるようです。ロビーは壮大で格調が高く、気品に満ちあふれており、世界中のゲストを魅了することでしょう。

ザ・リッツ・カールトン東京は、東京ミッドタウンを世界にアピールできる大きな存在といえるでしょう。

コラム

着物で愉しむ東京ミッドタウンの桜イベント


東京ミッドタウンでは、春のイベント「ミッドタウンブロッサム2010」を開催中。

桜の季節に似合う“着物”をテーマに

「着物レンタル&着付けサービス」を展開するなど、

都心ならではの桜の愉しみ方を提案しています。

http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/TiaFs3V7F10/

コラム

恋愛講師・杉本彩“車内恋愛”をオススメ

タレントの杉本彩(41)が22日、東京・赤坂の東京ミッドタウンで行われたTOKYO FM「Passo ハナ女子大学 春の女子力アップ講座」の公開収録に、タレントのはるな愛(37)と参加した。

恋愛の講師として「車は、どの部屋よりも相手との距離が近く、恋愛を発展させるのに素晴らしいシチュエーション」と“車内恋愛”を勧めた。24日の同局「DIARY」(月〜木曜後2・0)で放送される。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/371764/

この二人の組み合わせも・・・
ナイスです。

東京ミッドタウン+ベルベリー

東京ミッドタウンのベルベリーが気になる

2007年春、六本木に東京ミッドタウンが誕生しました。東京ミッドタウンは会社や住宅、美術館や商業施設などからなる複合都市です。話題のレストランやショップも数多くあります。その中でも「ベルベリー」にたいへん興味があります。

ベルベリーは1956年に誕生したベルギーのコンフィチュールブランドのお店で、その味は世界中の人々に愛され続けています。選りすぐりのたっぷりの果実と上質の砂糖をことこと煮立て、丁寧に少量ずつ作られるその味は、果実本来のうま味と懐かしい味を想像させます。ベルギー王室でも愛用されているそうですから、なおさら食べてみたいです。

またベルベリーではコンフィチュール以外にも、ビネガー・ソース・シロップタイプのものがありますから、料理に使用したりアイスやヨーグルトにかけたりと、様々な味わい方が楽しめます。

東京ミッドタウンのガレリアB1階にベルベリーはあります。テイクアウトだけでなくカフェで極上の味を楽しむこともできます。ベルベリーは日本では、東京ミッドタウンにしかありません。東京ミッドタウンだけでなく、日本各地でも商品を求めやすくなるといいですね。

東京ミッドタウン+ホテル

東京ミッドタウン+安藤忠雄

東京ミッドタウンの魅力

安藤忠雄さんは日本を代表する建築家として活躍されています。
安藤忠雄さんの代表的な建築作品に「光の教会」や「大山崎山荘美術館」などがあります。東京ミッドタウンにある「21_21 DESIGN SIGHT」も安藤忠雄さんの設計の元、作られた施設です。

「21_21 DESIGN SIGHT」はデザインのための美術館として、一般の方はもちろん、デザインに関わる仕事をしている人や、これからの日本の文化を担っていく若いアーティストたちが集まり、勉強する育成の場として存在しています。
建築家である安藤忠雄さんが手がけた施設ですから、同じ建築デザインを目指す人にとってはたいへん興味深い建物であることでしょう。またデザインを作り出し、アーティストを育成する場を手がけたということは、安藤忠雄さんにとっても思い入れの深いお仕事だったのではと思われます。東京ミッドタウンに世界中の人が集まり、文化交流することでまた新しいアートや文化が生まれるのかもしれません。これからの日本文化の拠点が、東京ミッドタウンであるといえそうです。

東京ミッドタウンが単なる都市化的な印象を受けないのは、緑地面積の広さと文化色の強い街であるからなのかもしれません。東京ミッドタウンが多くの人々に親しまれている理由の一つといえそうです。

東京ミッドタウン+ランチ

東京ハヤシライス倶楽部

東京ハヤシライス!とんねるずみなさんのおかげでしたで紹介♪東京ミッドタウンでも行列!1週間...

めざましテレビで紹介されたハヤシライス。東京ミッドタウンの行列店。東京ハヤシライス倶楽部。東京ウォーカーやマスコミも騒いだ黒いハヤシライスが登場。 うまさが違います。

 



一度、食べてみたいね。

東京ミッドタウン+ホテル

東京ミッドタウンとホテルの魅力

東京ミッドタウンには世界的に有名なリッツ・カールトンホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」があります。東京ミッドタウンの代表的な存在です。

このホテルは東京ミッドタウンの中心部、ミッドタウンタワーの最上層に位置しています。都内で最も高い超高層ビルの最上層から見える眺望は、ザ・リッツ・カールトン東京でしか味わえない見どころの一つです。また充実したスパ&フィットネスルームがあり、贅沢な時間を過ごすことができます。

東京ミッドタウンの近くにあるホテルといえば、六本木ヒルズにある「グランドハイアット東京」です。最先端情報や商品が集まる国際的な文化都市である六本木ヒルズにふさわしく、お洒落でスタイリッシュなホテルです。スパやフィットネスルームの他にも、7つのレストランや13の宴会場など多様な要望に応える設備が整っており、こちらも魅力的なホテルです。

東京ミッドタウンやその周辺には、主要なホテルがたくさんありますから、ホテル業界の競争も激しいかもしれません。より多くのお客様に利用してもらうためにも、アメニティーや設備など、各ホテルの魅力や特色をもっとアピールしていくことが必要なのかもしれませんね。

東京ミッドタウン+リッツカールトン

東京ミッドタウンとザリッツカールトン東京

ザ・リッツ・カールトンは、世界規模でホテル・チェーンを展開するホテルブランドの一つです。アメリカやカナダ、南アメリカ、アジアや中東、ヨーロッパなどの国々に存在しており、世界最高級5つ星ホテルとして世界中に知られています。

日本では、1997年大阪にリッツ・カールトンホテルが初めて誕生しました。2007年には東京ミッドタウンに「ザ・リッツ・カールトン東京」が誕生しています。

東京ミッドタウンオープン以来、数多くの方がこのホテルを利用し、最高のおもてなしに満足したことでしょう。ゲストに対してより最高のおもてなしをするため、リッツ・カールトンは従業員への教育に力を入れているようです。各地のホテルによるでしょうが、従業員の採用については経歴や経験よりも素質に重視した面接を行うため、採用まで長期の時間をかける場合があるようです。ザ・リッツ・カールトンの社風をきちんと理解し入社することで、ゲストに充実したサービスを行えるのでしょう。

今後も世界各国の人々が東京ミッドタウンを訪れ、ザ・リッツ・カールトン東京を利用することでしょう。ホテルで過ごした充実感は、東京ミッドタウンの印象をも良くするに違いありません。東京ミッドタウンを世界に印象付ける役目を担っているともいえそうですね。

東京ミッドタウン+六本木

東京ミッドタウン・六本木から世界へ

東京・六本木にはお洒落なお店や建物、ビルが立ち並んでいます。その建物の多くにはアート作品が取り入れられ、街と一体化しています。人々は自然にアートと共存しているのです。六本木やその周辺が、ビジネスと文化の街といわれるのがうなずけます。

その六本木に2007年春、東京ミッドタウンは誕生しました。東京ミッドタウン内にもアート作品が各所で見ることができます。国境やジャンルを超えたこれらの作品は、高度な感性と心の潤いを人々に与えています。
また東京ミッドタウンには「21_21DESIGN SIGHT」や「東京ミッドタウン・デザインハブ」、「フジフィルムスクエア」や「サントリー美術館」など、デザインやアートを体験・体感できる施設が多くあります。

東京ミッドタウンは、日本のデザインやアートを世界に広めていく発信拠点でもあるのです。単なる都市化だけでなく、アートを取り入れた美しい都市化を目指すことにより、人々にも心の潤いと感動を与えることができるのでしょう。
これからも東京ミッドタウンは、六本木ヒルズや国立新美術館、また六本木や赤坂周辺の施設との相乗効果により、世界に向けて一層の活性化を期待されています。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。